よくあるご相談

痛みと炎症

各種炎症性メディエーターの抑制による炎症の改善とその調整

炎症は、アラキドン酸カスケードにより産生される炎症性メディエーターであるプロスタグランジン(PG)類やロイコトリエン(LT)類により、誘導される。
即効的な疼痛軽減効果を発現するには、これらの炎症性メディエーターの抑制が重要である。

アラキドン酸カスケードとは!

アラキドン酸は、細胞膜の構成成分であるリン脂質からホスホリパーゼA2(PLA2)という酵素により細胞質外に遊離される。
遊離アラキドン酸はアラキドン酸カスケードと呼ばれる代謝経路でシクロオキシゲナーゼ(COXⅡ)により代謝され、PGG2を経て、炎症惹起物質であるPGE2等のプロスタグランジン(PG)類が合成される。
また、ロイコトリエン(LT)合成系で、炎症促進作用(好中球の遊走や血管透過性の亢進)がある各種LTが、リポキシゲナーゼにより合成される。
更に血小板凝集や平滑筋収縮作用のあるトロンボキサンA2(TXA2)も産生される。
これらが、相加的或いは相乗的に作用し、炎症反応が進展する

痛みの悪循環

以上の様な事実より痛みの原因として下記の作用が考えられます。

表

上記のひとつひとつを考える時、1.2.3.は、医者から投与された薬により沈静化の方向に向かいますが、慢性化した炎症や痛みは4.5.6.の連鎖反応を断ち切ることが大切になり、4.5.6.の特徴を併せ持った働きのある物を使用し、炎症の沈静化と軟骨の温存が必要不可欠になって参ります。

ページトップへ戻る
薬局ヘルスショップとしみのトップページへ

よくあるご相談

おすすめ商品

マクロビオテック

お知らせ

店舗紹介

【休業日カレンダー】
×印が休業日です。

   2019年10月   
1
 
2
 
3
×
4
 
5
 
6
×
7
×
8
×
9
×
10
×
11
×
12
×
13
×
14
×
15
×
16
×
17
×
18
 
19
 
20
×
21
×
22
×
23
 
24
×
25
 
26
 
27
×
28
×
29
 
30
 
31
×
   2019年11月   
1
 
2
 
3
×
4
×
5
 
6
 
7
×
8
 
9
 
10
×
11
×
12
 
13
 
14
×
15
 
16
 
17
×
18
×
19
 
20
 
21
×
22
 
23
×
24
×
25
×
26
 
27
 
28
×
29
 
30